忍者ブログ
日常に潜む疑似科学的なことをメインに食指の動く方にのらりくらりと書いていく雑記です。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日「石油系界面活性剤の見分け方」の嘘という記事を書きましたが、どうやら私は方向性を見誤っていたようです。
石油系批判をしているのは石鹸派だけだと思っていたんです。
だから純石鹸で試せば良いと思っていました。
しかしURLを参照したらどうやらニュースキン信者のようでした。
自社のHPに成分を載せているのはあっぱれですが、あの成分であんなに高いの??というのが個人的な感想です。っていうかニュースキンも合成界面活性剤じゃないですか。

ラウリル硫酸アンモニウム
ラウレス-2硫酸アンモニウム
コカミドプロピルベタイン

モイスチャーライジング シャンプー 〜しっとり〜 250g

~硫酸アンモニウム塩は弱酸性の肌や髪に優しい界面活性剤です。
これが洗剤に入っていれば合成洗剤と言われます。石鹸成分ではないからです。
成分が植物性か石油かなんて関係ありません。
というか、同じ成分なのに原料で性質が異なるということに私はとても懐疑的です。
それは原料の問題ではなく精製度の問題ではないのか?と言いたくなります。
しかしこのシャンプーは高い。
私がメインに使っているアジエンスも詰め替え用400 mlが500~600円ぐらいで高めなのですが、それよりも5~6倍高い。

いや、コストパフォーマンスを考えていないのなら別にいいですし、配合量によって使用感は変わってくるので意外と良製品なのかもしれませんが、他社製品を貶めるのは最悪ですね。
しかも間違っています。それについては前回のエントリで書きました。

これはディストリビューターの暴走なのか会社の指導なのか……ニューウェイズの暴走は後者(幹部と同じ勧誘の仕方をしただけなのですよね)だったのでおそらくニュースキンは勧誘の時にこのようなデモンストレーションをしているのではないでしょうか。
しかも、私が試したところカリ石鹸素地ではよく固まります。もちろんナトリウム石鹸素地でも固まりました。
使用したカリ石鹸素地およびナトリウム石鹸素地はミヨシの無添加石鹸で、水以外は石鹸素地しか入っていない純石鹸です。(両方ともミヨシなのは安かったからです)

自分や家族の健康や環境のことを考えて無添加、自然派の純石鹸を使っている人、海水由来の自然塩を使っている人ほど強い衝撃を受けると思います。

私の使っている食塩は自然塩で(イオン交換樹脂法ではないという意味で)、100 gの食塩に80 mgのカルシウムと140 mgのマグネシウムが入っています。シャンプーの1/2ほど入れるということは、食塩水ではないのでシャンプー+食塩での食塩濃度は約33%(というか液量はほとんど変わらないので50%近くだと思うんですけどいちおう低い値で)になります。

33%食塩水=330 g/L食塩水
になります。
330 gの食塩の中には264 mgのカルシウムと462 mgのマグネシウムが入っています。
それを以下の式に当てはめます。
硬度 (mg/L) ≒ カルシウム濃度 (mg/L)×2.5 + マグネシウム濃度 (mg/L)×4.1(
Wikipediaより
硬度(mg/L)≒264×2.5+462×4.1=660+1894=2554 mg/L

……これ、3.3%食塩水だったとしても硬度255.4 mg/Lの超硬水じゃないですか。
石鹸を使用する際は硬度100以下(50以下なら快適に使える)が推奨されています。
100以上だとカルシウムやマグネシウムの影響により水に溶けにくい金属石鹸(石鹸カス)ができるからです。
前回のエントリで吸熱反応?ナトリウム塩の生成?などと言っていましたが、もっと単純なことでした。石鹸カスの生成です。
これで石鹸のみ(いわゆる脂肪酸塩)が固まる理由がわかりました。
今度はスーパーで手に入るイオン交換樹脂で作った食塩とWakoの試薬特級の食塩を使用して同じ実験をしてみたいと思います。二つはおそらく純度が違うのでもしかしたら違いが出るかもしれません。

塩化ナトリウムのみで固まるかをまだやってないのでわかりませんが、これは自然派主義で石鹸に切り替えた人を狙い打つような作戦に見えます。
これを理解してやっているならいやらしいし(虚偽の危険性をでっち上げているので信用棄損罪あるいは偽計業務妨害罪が適用できます)、理解していないのだとしても最悪(過失犯にならないかと思ったんですけど、それよりも社会的信用を失くしますよね)なことには変わりありません。

これを見たみなさんは「シャンプーと塩を混ぜて固まれば石油系である」といった戯言に騙されないようにしてください。
後日、純度の高い塩化ナトリウムでやった結果を報告します。

拍手[21回]

PR
単に固形石鹸だと泡立てるのが面倒くさいからではないでしょうか。

私はかなりの髪が長いので石鹸を泡立てるのがめんどうくさかったりします。
悪いことはそんなにないです。しかも洗い上がりが良いのでびっくりしました。

石鹸の問題点はアルカリ性であること、でしょうか。
アルカリ性(あるいは極端な酸性)になると髪の表面のキューティクルが開くそうです。
なので長時間アルカリ性(あるいは極端な酸性)にあると髪内部の水溶性成分が流れ出してしまうそうです。
しかし洗髪程度の短い時間の接触ならばほとんど問題ありません。
髪の毛がキュッとするのもキューティクルが開いているからです。
物理的な刺激(無理やり櫛で梳かしたり、引っ張ったり)や化学的な刺激(パーマやブリーチ)は髪を傷める原因になります。なので髪の毛を擦り合わせたり洗髪中に絡まりをほぐしたりなどの物理的刺激を与えるのはあまり髪に対して良くないです。


確かに髪洗ってる時にキュってなるけど~といったことが書かれていました。
最後の方は、石鹸での洗髪時に「櫛で梳かしながら洗うのが良い」という主張をよく見かけるのでそれに対しての意見です。
たとえば鶏を蒸して繊維に沿って割いた後に元に戻すことはできませんよね。
枝毛というのも同じようなものです。
直らないので切るしかないんですよね。
キューティクルの立ち上がりは、立ち上がっているときに割いたりしなければちゃんと元に戻ります。
立ちあがっているときに櫛で梳かして物理的刺激を与えると割けやすくなってしまいます。

ということでお風呂に入る前に髪を梳かしましょう。

拍手[3回]

いえ、塩分過多により日本人は諸外国に比べて胃がん患者が多いそうです。

今のところ合成の食品添加物による疾患の報告はありませんし無添加で細菌が繁殖した時の方が怖いので私は無毒性量の1/10~1/100量程度しか含まれていない添加物ありの食品の方がずっとマシです。
つまり、合成の食品添加物が使われる理由は安全だからです。



たぶん、食品添加物よりも昔から使われている食塩などの(天然の)保存料の方が安全だと思いませんか?みたいな質問だったと思います。

無毒性量とADIの関係に関しては以下のページがとてもわかりやすいです。
発がん性の評価の仕方、閾値

拍手[0回]

なんか知らないですが最近回答が取り消されることが多くて困ってます。
こちとら自分の時間を削ってるので残らないものは積極的にブログに残していくことにしました。
4件のうち3件は投票で決まらなかったからです。
私も質問するときに気をつけようと改めて考えさせられます。


ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン(コカミドプロピルベタイン)、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸(ココイルグルタミン酸)、N-ヤシ油脂肪酸アシルグリシンカリウム(ココイルグリシンK)、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム(ココイルメチルタウリンNa)、ヤシ脂肪酸リシン


はアミノ酸系の界面活性剤で、アミノ酸系は中性~弱酸性なので一般的に肌に優しいとされています。
アミノ酸系の成分は合成するのに手間がかかるらしく、その分コストがかかるので必然的に高くなるそうです。
しかし洗浄力が低いので私はあまり好きではありません。
~エキスや~油は混合物なので実際に何が入っているのかはよく知りません。

肌の弱い人にはアミノ酸系のシャンプーを、皮脂の分泌が多い人には洗浄力の強いものを、健康な人には石鹸を勧めています。
また、肌荒れやアレルギーなどは個人間で差がありますので、使ってみて肌が荒れた、かぶれた、などの症状が出た製品は使用しないことをお勧めします。「使い続ければ良くなる」という「好転反応」も嘘です。それはただ単に「体が慣れた」だけで「体に良い」からというわけではないのです。


以下、蛇足的な界面活性剤に関する知識です

天然の界面活性剤(作用を持つ成分)はサポニンや細胞膜の成分であるリン脂質のことです。
石鹸も天然の成分と天然の成分が化学的な反応を起こしてできたもので(もちろん、サポニンやリン脂質も体内、植物内で天然の成分と天然の成分が化学的に合成されたものです)、合成界面活性剤と同様に工業的に製造されるものです。
ただし、石鹸は他の界面活性剤と比較して性質が異なるので「石鹸」と「合成洗剤」に区分されるだけです。
天然の界面活性剤であるサポニンやリン脂質は弱酸性~中性付近でもちゃんと活性がありますし、逆に細胞膜はアルカリにとても弱いです。

界面活性剤の研究をしている大矢教授は自身の日記で
>最近の石けん愛好家は、むやみやたらと合成洗剤を否定するのを避ける傾向があります。それは、現在使用されている市販の合成洗剤に、それほど厳しく否定されるほどの有害性は認められないという情報が広まったためでしょう。石けん愛好家のコミュニケーションの場でも「合成は悪」なんていうと石けん支持者からも反発が起こることがしばしば。合成は有害っていう意見は、実は消費者全体の中でも情報収集力や論理的思考力等で少々劣る人々にしか相手にされない状況になっていると思われます。
http://hpcgi3.nifty.com/oya_masaru/topic2/topics_board.cgi?mode=cat...

とおっしゃっていますが、知恵袋の状況とかけ離れているような気がします。
それとも知恵袋にいる石鹸愛好家は情報収集力や論理的思考力が少々劣るということでしょうか。
どちらにしろ、合成の成分が体に害があるというのは嘘っぱちです
体への影響は製品を作る上でもっとも重視するところだからです。
「危険な成分である」ともし一般消費者が知っているならメーカーが知っていて当たり前なんです。その当たり前のことに対処しないメーカーは存在しません。というか存続できません。つまり消費者の間で「危険」という噂が飛び交ってもメーカーが特に動かないのは「危険でないことを知っているから」なのです。

わかりやすくまとめます。
現在、知恵袋で「危険だ」と言われているほとんどの合成の界面活性剤の人体に対する影響は約20年前に調べ終わっており、シャンプーや化粧品に入っている量ではなんら危険ではないことがわかっています。
肌荒れやアレルギーがなければどんなものを使っても構わないのです。もちろん石鹸もです。



たしか、シャンプーの成分の中で界面活性剤を教えてください、といった内容だったと思います。
そういえばアジエンスの新しいバージョンは~エキスがたくさん入っててなんだこりゃ!?って思いました。
うーん、~エキスって書き方は好きじゃないんだよなー私。
でも自然派の人はきっと好きなんだろう。でもってそういう戦略が透けて見えてなんか嫌。
洗浄力の強さは好きなのに。

拍手[0回]

きっかけは知恵袋でした(またかい)。

市販のシャンプーとい うよりお母様は合成界面活性剤の入った、石油系シャンプーを否定していたんだと思います。簡単な見分け法をお教えします。

紙コップに今お使いの
シャンプーを3プッシュ程入れ、それに塩(シャンプーの1/2程度)を加えます。割り箸でかき混ぜます。

これであらら不思議!
と、かたまるものはバッチリ石油系です。毛穴の奥で塩(汗)と反応し固まってしまいます。結果、頭髪トラブルや薄毛の原因となります。また、石鹸バリアなんてのもこの反応によりできたものと言われています。


シャンプーの事についてお願いします。(Yahoo!知恵袋)

 


ええええ~???
なんなのそれ。聞いたことないよ。

ということでソースを探してみました。


(前略)そこで、良いものか悪いものかを見分ける一つの方法があります。

 

まずあなたがお使いのシャンプー、を持ってきてください。

それから、小さなお皿と塩を用意してください。

お皿にシャンプーをスプーン一杯くらい入れてください。

そしてその上から、塩をたっぷりふりかけてみてください。

そしてしばらく置きましょう。かき回すと反応が早いです。

 

さて、どうなりましたか?

固まりましたか? それとも液状のままですか?

もし固まるようでしたら、それは石油成分がたっぷり含まれているのです。

石油成分と塩の成分が反応して、塩化ビニールになって固まるのです。

ぜひ、試してみてください。 (後略)


美容と健康情報 LMB News


ウソや。

ま、それはともかくとして、実際には塩化ビニルの合成法をよく知らなかったので調べてみました。
ソースは主に
Wikipediaです。

塩化ビニルモノマーは石油と塩から作られます
まずはこの図を見てください。
なるほど、石油と塩から塩化ビニルは作られるようです。

石油を蒸留して得られたナフサをさらに熱分解して得られたエチレンと塩を電気分解して得られた塩素を塩化鉄(FeCl3)を触媒として1,2-ジクロロエタンが作られます。・・・
その後、加熱圧縮すると1,2-ジクロロエタンが分解されてクロロエチレン(塩化ビニル)と塩化水素ができます。・・・

これを化学反応式で示すと以下のようになります。

石油→ナフサ+H2O(水蒸気)→エチレン(CH2=CH2
2NaCl→2Na+Cl2(塩素)

CH2=CH2 (エチレン)+ Cl2(塩素) → CH2ClCH2Cl(1,2-ジクロロエタン)・・・

CH2ClCH2Cl(1.2-ジクロロエタン) → CH2=CHCl (塩化ビニル)+ HCl(塩化水素)・・・


これだけならありえそうな気がします。
シャンプーに石油成分が混ざっていればナフサからエチレンは作れそうですよね。お風呂場にはたくさん水蒸気がありますし。



さて、それではネタばらしです。


◆石油→ナフサ
の場合、ナフサは35~180℃(特にエチレンの製造に用いるのは35~80℃だそうです)で分留してくるのでありえそうですね。(ま、製品に石油が入ってるわけがないんですが)

◆ナフサ+H2O(水蒸気)→エチレン
最初のポイントはココです。
エチレンはナフサと水蒸気を800~900℃で反応・熱分解して生成します。(さらに精製するには蒸留・分留しなきゃいけないんですが、ここでは気にしません。また、他にもエチレンの製法はありますが、石油からということなので今回は無視します)
まず、こんな高温状態でシャンプーできません。
でもまあなんとかできたとします。(するな)

◆2NaCl→2Na+Cl2(塩素)
電気分解……まあ百歩譲ってイオンの状態(NaCl→Na++Cl)としましょうか。
Cl2とCl-では似てるようで違うんですけどね……。電子が一個多いので上手く付加できないと思います。

◆CH2=CH2 (エチレン)+ Cl2(塩素) → CH2ClCH2Cl(1,2-ジクロロエタン)・・・
触媒として塩化鉄(FeCl3)があればできそうですね。
1,2-ジクロロエタンはクロロホルム様の匂いのする液体だそうです。
この物質は天然には存在せず、生物濃縮もないですがヒトに対する吸入毒性は高いです。

◆CH2ClCH2Cl(1.2-ジクロロエタン) → CH2=CHCl (塩化ビニル)+ HCl(塩化水素)・・・
次のポイントはココです。
加熱圧縮って簡単に書いてありますが、500℃15~30気圧です。15気圧というのは簡単に言うと海に140m潜った状態の圧力がかかっていることになります。あれ。わかりにくいですね。つまり50kgの人に対して750kgの重りがのしかかっている状態が15気圧です。うん、死にますね。



ここまでで一目瞭然なんですが、たとえ石油が混ざっていたとしても普通に生活していて生きている人間ならば塩化ビニルモノマーを生成することはできません。塩化ビニルを作るためには最低でも800℃15気圧の条件になる必要があります。そんな条件で人間が生きていられるはずがありません。
ちなみに、塩化ビニルモノマーは気体です。百歩譲って加圧状態でも液体です。どうやって毛穴に詰まるんでしょうか。


どうでしょうか。
塩化ビニルモノマーは石油と塩から作られることは確かなんですが、石油系界面活性剤の危険性を訴える人たちがいかに印象だけで決めつけているかがわかるのではないでしょうか。
おそらく、ポリ塩化ビニル樹脂と塩化ビニルモノマーの区別がついていないんだと思います。ポリ塩化ビニル樹脂は塩化ビニルモノマーから作るので塩化ビニルモノマーができないことには固体の安定物質であるポリ塩化ビニル樹脂はできません。
そしてその塩化ビニルモノマーが作られることは以上の理由によりありえないことがわかりましたね。

これは化学の知識がない人だと信じてしまうのではないでしょうか。
かくいう私も信じはしないもののここまで調べるのに結構手間取りました。
こういう、知識のない人を騙す類いの危険情報というのは本当に悪質ですね。
これからもこういう根拠のない危険情報に対する危険情報を書いていこうと思います。結構大変なんですけどね。


補足1:エチレンと塩の組み合わせ
書こうと思ってたのにすっかり忘れていました。
エチレンと塩といえばとてもメジャーなものが一つありますね。

リンゴです。

リンゴと一緒に置いておくと果物が柔らかくなるのはリンゴがエチレンをたくさん出しているからですよね。
多くの人はリンゴを食べるときに切って塩水に浸けておくと思うのですが、そうすると大変です。みなさん、塩化ビニルを食べていることになります。塩化ビニルモノマーはGroup1の発がん性物質で特にエアロゾルの吸引はとても危険です。もう毛穴に詰まることの比ではないです。
リンゴはとても危険なので食べてはいけません。今日から使用禁止です。
それに塩素は食塩からのみ入ってくるわけではありませんからね!

ということにならないのが不思議です。
これも石油系界面活性剤の恐怖をでっち上げた人が何にも考えていなかったことがうかがえる話ですね。


補足2:塩化ビニルモノマーの危険性
塩化ビニルモノマーは気体(あるいは液体)なので毛穴に詰まることは物理的にありえません。
それよりも、塩化ビニルモノマーは発がん性に関してはGroup1(ヒトに対して発がん性がある)とされています。塩化ビニルモノマーの製造工場の作業員に肝血管肉腫(肝がんの一種)で死亡する人がいたことからわかったのですが、その他にも神経系への影響が知られています。
2.5%塩化ビニル(気体)への暴露により、めまい、見当識障害、足裏の燃えるような感覚など (Danziger, 1960)が見られます。
また、慢性毒性として1000ppm=0.1%の塩化ビニル(気体)に1か月~数年間暴露したヒトに対して、耳痛、頭痛、めまい、不明瞭な視界、疲労感、食欲不振、吐き気、不眠、呼吸不全、胃痛、肝臓及び脾臓部位の痛み、手足のひりひり感、四肢の冷感、性欲の欠如、体重減少がみられた (Thiess and Versen, 1974)とあります。
25ppm、数年間暴露によっても肝がんが見つかっていることから閾値は考えない方がよさそうです。
※許容濃度は2.5ppm(6.5mg・m-3)だそうです。

そうするとまた疑問が浮かびますね。
なぜ毛穴に詰まるとかいうどうでもいい理由を持ってくるのでしょうか。
この極めて危険な物質が本当に石油系界面活性剤と塩で生成されてしまうのならば早いところ化粧品メーカーを告発しないといけないのではありませんか?こんな危険なものを平然と売っているのですよ?
塩化ビニルモノマーの危険性は1970年代にはすでに立証されており、副産物として塩化ビニルモノマーができるのに40年間も消費者を騙していたとなるとそれはもう大変です。

石油系シャンプーと塩を混ぜると塩化ビニルができるという嘘を考えた人はそのへんのつじつま合わせも考えるべきでしたね。信憑性を高めようとして「塩化ビニルができる」などと言ってしまったためにかえってまったく信憑性のない話になってしまいました。

ちなみに塩化ビニルは体内に入っても肝臓で分解され尿や便により排出されます。分解されなかったものはそのまま呼気として排出されるそうです。つまり蓄積性や生物濃縮などはありません。

おまけとしてポリ塩化ビニル樹脂の話ですが、可塑剤を含むポリ塩化ビニルは耐水性・耐酸性・耐アルカリ性・耐溶剤性や難燃性、電気絶縁性を持つ安定な物質です。確か生分解性も低かったはずです。
そのへんはまた後日フォローしたいと思います。


参考:
クロロエチレン(Wikipedia)
化学物質の初期リスク評価書Ver.1.0 No.75 クロロエチレンヒト健康への影響
PRTR法指定化学物質有害性データ(クロロエチレン)
その他、エチレン、ナフサ、IARCの発がん性評価リストなど。


この記事は
ニュースキンの指導?
無添加純石鹸と塩を混ぜると固まります。
に続いています。



余談:
ただこれがまだまだ片手落ちで、塩化ビニルモノマーからポリ塩化ビニルへの重合反応が良く分からないんです。
いや、もちろんどういうことが起こるかは分かってますが、
・触媒は必要か
・発熱反応か(安定化するのでわりと起こりやすい反応ではないかと推測)
・重合条件はどうなのか(常温・常圧で起こりうるか)
など、詳しいことが分からないんです。
ネットでもヒットしないし、生化学辞典見ても載ってないし…うぅ。
高分子系は習わないので分からないんですよね…。図書館で勉強してきます…。

あと、石油からできた物質(界面活性剤など)と塩を混ぜて固まらないことと石油以外の原料しか使っていない洗剤で固まることを証明できれば良いんですけど、そういうのって中身がシンプルである必要がありますよね。
たとえば、洗浄成分(界面活性剤)が植物系でも香料とか着色料が石油原料の可能性もあるわけです。
もちろん石油成分が塩で固まってもいいんですよ。ただ、塩化ビニルはできません。

実際にやってみたんですが、洗浄成分がカリ石鹸素地のものに限って固まってくれます。

1.
アジエンスシャンプー(主成分:ラウレス硫酸アンモニウム)原料:ココヤシ→固まらず
2.バーバリブ ハンドソープ(主成分:脂肪酸カリウム〈パーム核脂肪酸+水酸化K〉)原料:アブラヤシ→固まる
3.
ビオレU(主成分:アルキル(c11、13、15)リン酸K)原料:?→固まらず
4.HERVAL VALLEY ボディソープ(主成分:カリ石けん素地)原料:?→固まらず→しばらく放置→固まる
残念ながら純石鹸については現在準備中です。
2は雑貨屋さんで購入、4はお中元ものです。
(3/23追記)すみません、HERVAL VALLEYとしなければいけないところをハーバルエッセンスにしていました。二つはまったく関係のない別の会社です。申し訳ありませんでした。

この原因について、水に溶けたことによって温度が下がり(食塩が水に溶ける反応は吸熱反応)固まったのかな?と思ったのですが、もっと簡単に、カリ石鹸素地(脂肪酸カリウム)がナトリウム石鹸素地(脂肪酸ナトリウム)になったせいで固形になったのかも…と思ったり。カリ石鹸素地が主に液体石鹸であるのに対してナトリウム石鹸素地は固形石鹸なんです。
今回用いたカリ石鹸素地の洗剤の1つは冬場になると凍るんですね。窓辺に置いてあるからなんですけど、それがヒントですね。

とりあえずもう少し調べてみますが、塩化ビニルができて毛穴が詰まるというのはどちらにしろ嘘なのはわかっていただけたでしょうか?

拍手[59回]

ブログ内検索
カレンダー
03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
(09/07)
(08/12)
(06/15)
(06/15)
(06/11)
(06/11)
(05/24)
(05/24)
(05/24)
(05/23)
カウンター
アクセス解析
Copyright © azure blue All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]