忍者ブログ
日常に潜む疑似科学的なことをメインに食指の動く方にのらりくらりと書いていく雑記です。
[79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [71]  [70]  [69]  [68
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

向こうのブログ用に書いたものですが、性質としてはこちらにあげるべきものなのでこちらにも投稿しておきます。

とんでもないカオス空間なので理解できなくても責任は持ちませんがリンクを貼っておきます。
ABO FANさん用:Interdisciplinaryな掲示板

ま あ簡単に言うと、ABO FAN氏がFSMさんという方と議論をしてるのですが最近の突き抜けっぷりが常人の理解を遥かに超えていてどうしよう、って感じ。予想の斜め上。それどこ ろか斜めは斜めでも45度ぐらいなら対処のしようがあるのに250度ぐらいの微妙な斜め具合だから誰も予想できないしそもそもしない。(@彩雲国物語、微 妙に改変)
最近忙しくて見てなかったんだけど、一昨日あたりから22日~の議論を追ってたら大変なことに。
簡単に言うと「論理破綻が激しく、論理が破綻しており、破綻した論理を展開する。」という秀逸な格言の通りなのだけど、具体的に言うと、大事な部分ははぐらかし議論に影響しないどうでもいいところで揚げ足を取り白黒つけられないことに無理やり白黒つけようとしてます。

「それは白ではないと思います」
『しかし黒とは言えないはずです』
「その通りです」
『では白ですね』

という感じ。

しかし、あれは性格と血液型、あるいは統計にある程度理解がある人が見れば「論理破綻の人」だってわかるけど、まったく通りすがりの人が見たら
・言葉を尽くして説明しているのに(確かに文章量だけだったらすごく多い。中身はないけど)
・複数の否定派が寄ってたかって馬鹿にしており(最初に質問にまともに答えなかったのはABO FAN氏のほうですし、氏に話しかけているわけじゃない)
・それに対して氏が説明を求めているのに(あいつらは意味不明なことを言っているという証拠(になるかは不明ですが)を取っておきたいだけだと思う)
・返答しない酷い人たち(あるいはさらに意味不明な質問を浴びせかける酷い人たち)

に見えているかもしれない。
いや、そういうパターンが知恵袋で嫌になるほどあったので。特に血液型性格判断はその傾向が顕著なのですよね。
しかしFSMさんという人はとても忍耐強いのだなぁと思いました。
それでもこの議論を見たら「ABO FANさん可哀想」と言っちゃう人が結構いると思う方に50ペソ。


正直、統計の話は私はほとんど理解できてないのでよくわからないところもあったりするのだけど、ABO FAN氏は私にとって反面教師的な「あ、私は何にもわかってないけどああ(知らないことを知ってるように言ったり、そのうえ相手をバカにしたり)はならないようにしよう」という面では役に立ってる気がする。


このへんでも「誠実さ」という問題が出てくるかもしれなくて、誠実さを考えてみるとそれはやっぱり人によって基準や定義が少しずつ違って主観的なものになってしまうのだけど、どの人も同じように求めているものもあるんじゃないかなーと思ったり。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
(09/07)
(08/12)
(06/15)
(06/15)
(06/11)
(06/11)
(05/24)
(05/24)
(05/24)
(05/23)
カウンター
アクセス解析
Copyright © azure blue All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]