忍者ブログ
日常に潜む疑似科学的なことをメインに食指の動く方にのらりくらりと書いていく雑記です。
[85]  [84]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日たまたま二つの記事を読みました。

駆け出し研究者が科学のために立ち上がる方法のガイド 幻想随想

ニセ科学批判とはなにか? よそ行きの妄想

私はたぶん、chnpkさんの定義では<「ニセ科学批判」のユーザー>ということになるのだろうけど、別に私は「知的な気分を味わいたい」わけでも『「進んだ」科学技術や学問を「遅れた」地域にもたらし「劣った」人びとを啓蒙』したいわけでもない。
科学でないものを科学として扱うな、科学の信用性を損なう真似をするな、間違ったものを正しいように見せかけるな、と言いたいだけ。

我々はニセ科学的な主張が市民の恐れにつけこみ、彼らを欺き誤解させる科学の俗説を広げる様にうんざりしています。我々は一般人がニセ科学的な主張に基づ く製品や活動によって惑わされることは間違っていると思います。我々の科学的な研究がピラ・レビューを通して責任を負わされるのに対し、なぜこれらの主張 は同様の厳しさを持ってテストされないのでしょうか?
特にこれまで質問されてこなかった質問に対する答えを要求することで、我々はニセ科学のより詳細な調査を行い、誤った情報を公開し、責任者に釈明を求めることを奨励します。

駆け出し研究者が科学のために立ち上がる方法のガイド 幻想随想











黒影さんがこの一文に賛同したように私も深く賛同する。

私は、コピペよりはちゃんと自分で理解して説明した方がいいと思っている人間だけど、コピペでもしないよりはマシだと思っている。それがそのときの自分にできる精一杯だったらしないよりはマシなんじゃないかな。誰でも最初は完璧ではなくて、間違えながら成長していくんだと思う。

あくまで私の印象論なのだけど、
正直、ニセ科学批判周辺ってのは敷居が高くてとても入りづらい感じがする。
なんかまずコメントの質が違っていて、一般人が安易に踏み込むと痛い目を見るぞという感じがする。
なんだろう、オールラウンドプレイヤーじゃなきゃダメ、みたいなそんなイメージかな。
ずっと見ていると決してそんなことはなくて、論者によって得手不得手があって、決して間違えない完璧な人たちかというとそうでもない。でも私が「ちゃんとしたニセ科学批判者だな」と思う人は(知識もあるのだけど)間違いに気づいたら素直に認めている。もちろん、こっそり修正するなんて姑息な真似はせずに。

でもって、私は基本的にはコピペの人なのだけどそのうち自分の得意な分野(バイテク系)の正しい知識を書いていきたいと思う。それは「劣った人びとを啓蒙」する意味ではなくて、書くことで誰かの役に立つのならば書いた方がいいと思うから。
そんな私は「リンクだけでもいいんだよ、賛意を表すだけでも大事なことなんだよ」と言われると少し救われた気分になる。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
01 2020/02 03
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
(09/07)
(08/12)
(06/15)
(06/15)
(06/11)
(06/11)
(05/24)
(05/24)
(05/24)
(05/23)
カウンター
アクセス解析
Copyright © azure blue All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]