忍者ブログ
日常に潜む疑似科学的なことをメインに食指の動く方にのらりくらりと書いていく雑記です。
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本ブログの方はボチボチ更新してるものの雑記以上のものにならないからなかなかこっちに持ってこれない…(汗)

さて、血液型性格診断で質問を送った「NPO法人 血液型人間科学研究センター」ですが返事を頂けなかったので

>NPO法人は非営利だから問い合わせも適当でいいと言うのでしたらコンテンツの内容も適当だと取らせていただきます。
という記述に従い、あのHPの内容は信じるに値しないと宣伝させていただきます。

血液型人間「科学」研究センターと銘打っているのだから最低限科学的な態度を取ってくれるのかと思ったのですがそうではないようです。


何故返事に拘っているかというと、科学の領域(でなくとも)では自分の主張を批判された場合、それに対して「そうではない、こうなんだ」と主張しなければいけないからです。もちろん黙っていてもいいですが、その場合は返答できない理由がある=自分の主張は正しくないと言っているようなものだと理解してください。
これはどんな分野でも同じではないでしょうか。
「貴社の製品のこの部分はデメリットではないか」と指摘された場合には普通は返答しないという選択肢はありえないと思います。デメリットではないと説明できる情報を持っている場合はその情報を、自分ではわからなければ必ず開発部や技術部に問い合わせて返答すると思います。

また、www(world wide web)にある情報はすべて公開された情報であり、これらは情報ソースについて問い合わせたり正しく引用して批判することが著作権法上許されています。むしろ情報源を載せない引用は著作権法に違反します。
そして批判されたならばそれに対して反論するべきであると考えています。

つまり返答しないということは指摘通りである、自分の主張は正しくないということを意味しています。(実際にはそうではなくてもそう取られます)

少なくとも私はまったく返事をしないという態度はありえないと思っていますし、科学的にも人間的にも不誠実だと思っています。

以上の理由から「NPO法人 血液型人間科学研究センター」に関しては基本的に信用に値しないとしました。
ただし、中には正しいデータも存在します。
しかしこのHPを利用する人は正しいデータを見ればその他の正しくない戯言も同じように正しいと勘違いします。
参考論文のない記述に関して採用する際は必ず出典を確認してから使うことをおすすめします。根拠のない発言は自身の信用を落とします。それは何かを主張する上では不利になることを意味していますし、これからの主張も信じてもらえなくなる可能性が増します。
だから私は自分が間違っていた場合はどんなに自分が恥をかこうともその間違った主張は残しますし、自分が間違っていた旨を伝えます。

せめて「科学」を主張するならそれぐらいしてほしいところです。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
テスト
>私は科学そのものを全否定したことは一度もありません。
今までに私を含め誰かがcecil_scott_foresterという人は科学を全否定していると言ったことがあったでしょうか。そんなことは最初から問題にしていません。
cecil_scott_foresterさんが科学に理解があるのは知っています。
ただ「なぜ誤解を与えるような文章をわざと書くのか」が気になっており、その原因が奈辺にあるのかが知りたいのです。

霊の存在について「科学的に証明されていない」「非科学的」は当然の指摘ですが本来はすべきではありません。もともと科学の範疇ではないので。ではなぜ行われるのかというと「科学の範疇に入ってきているから」です。
「科学の適用範囲(有効範囲)は小さい」「科学は万能でも完成されてもいない」「霊を科学的に検証するのは実質的に不可能である(実験と観測に再現性が取れないから)」というのはまったくその通りです。

しかし「科学の範疇に入ってきているから」には科学の物差しで測られるべきではありませんか?というのが私の主張です。
そして多くの懐疑派の主張は「今現在、自然現象を解明するためにもっとも使える物差しは科学であると考えられるのでまずはこれを使ってみませんか?」と言うことだと思います。
これに対してcecil_scott_foresterさんの回答は「科学は使えない(科学では検証しきれない)」ということだと思います。違うならぜひおっしゃってください。
それに対して私は「では科学が不適ならどんな物差しを使ったらいいですか?」と訊いています。(たぶん以前にどこかで物差しの話をしたと思います)
たとえばのおっしゃっていること(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1320076238)の信憑性はどのように確かめたらいいですか?「科学」が使えないとしたら何を使ったらいいですか?鵜呑みにするのは私の信条に反します。
たとえばRS理論はその可能性の高低にかかわらず極めて科学的な主張ですね。
cecil_scott_foresterさんの科学的な主張と私の科学的な主張は何が違いますか?
これがいつもわかりません。


「科学以前の問題だから科学は使えない」ということにはなりません。
私は「科学で選別できる偽物(見間違い、幻覚、嘘、病気など)を振るい落とし本物(科学ではまだ検証しきれないもの)をみんなで検証していこう」というスタンスが望ましいと考えています。
むいみ 2008/10/25(Sat)21:36:31 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
(09/07)
(08/12)
(06/15)
(06/15)
(06/11)
(06/11)
(05/24)
(05/24)
(05/24)
(05/23)
カウンター
アクセス解析
Copyright © azure blue All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]