忍者ブログ
日常に潜む疑似科学的なことをメインに食指の動く方にのらりくらりと書いていく雑記です。
[62]  [61]  [59]  [56]  [57]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たとえば、よくブランドと偽ブランドの例えが使われていますが、
本物のブランド品と偽物のブランド品が並べて置いてあって「すべて本物です」って言われたのに偽物をつかまされたら腹が立ちますよね。
これがブランド品だったら見分ける方法が確立しているので排除することは可能ですよね。
じゃあ、これが完璧ではない方法で本物と偽物を見分けなきゃいけないときはどうしたらいいのでしょうか。


「せめて本物と偽物を分ける作業をしましょうか」
というと
「その検査方法はすべての偽物を取り除くのに成功していないからそんな方法は意味がない。それどころかたまに本物もはじくじゃないか!」
と言われる。
「ではどんな方法で本物と偽物を区別しましょうか?」
と言うと
「私が本物だと思うから本物なんだ。」
と言われる。
得てしてこれの堂堂巡りである。

そうやって本物と偽物を区別する作業が放棄され、また誰かが偽物をつかまされる。

そうすると今度は
「なぜしっかり検査しないんだ」
と言われる。
「だってその検査方法はダメだって他の人に言われたんだもん。でも仕方ないね、完璧ではないけどこの方法が一番信頼できる方法だものね、やりましょうか」
と言うと
「その検査方法はすべての偽物を取り除くのに成功していないから(以下略)

※これはフィクションです。

この繰り返しで発展できる分野があったら教えてほしい。

そういえば、
「本物だとは思うけど偽物だっていいじゃない。だってちゃんと貢献してるでしょ。あなたにそんな真似ができるの?できないなら批判しないで」
といわれることもありますね。
江原氏の場合だと
「彼の能力は本物だと思うけど、霊能力がなくったって彼の言っていることが素晴らしいことに変わりはない。あなたが同じことを言ったとしても江原さんほどの影響力はないでしょ。だからそれができるだけですごいんだからそんな批判はお門違い」
みたいなことを今までに何回も言われたことがあります。
でも江原氏の言いたいことは前提条件(霊能力や守護霊など)を抜きにすると骨抜きの主張にしかならない気がするんですけど。ある部分を抜き出して良いことを言っていれば他の部分はどうでもいいんでしょうか。
あ、もちろん彼の著書を一部読んだ上で言ってますよ。何も知らないで批判するなと言われてその通りですね、と思ったので。
江原さんの話に関しては、現世利益がなければまったくスルーできる(科学が介入すべきではない)話になると思います。まあ、現世利益なしで商売やろうなんて土台無理な話ですが。


ちなみに、経験者の勘を否定したいわけじゃないですよ。
「経験者の経験者にしかわからない感覚」というのは実際に存在します。
でもその違いは「経験をしているかしていないか(あるいは数をこなしているか)」の違いであり、やはり一定の水準や特定の技術があるんだと思います。実際に熟練するっていうのは経験の繰り返しで、その中で言葉で一言のもとに言い表すのが難しい、けれども確かな技術というのは存在するんだと思う。
この、努力の賜物を「彼には才能がある」と言ってしまうのは実は失礼なことなんだと思います。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
01 2020/02 03
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
(09/07)
(08/12)
(06/15)
(06/15)
(06/11)
(06/11)
(05/24)
(05/24)
(05/24)
(05/23)
カウンター
アクセス解析
Copyright © azure blue All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]