忍者ブログ
日常に潜む疑似科学的なことをメインに食指の動く方にのらりくらりと書いていく雑記です。
[52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりに論理学の勉強をしているのですが、論理の構造が分かってくると当然その文章が真であるか詭弁であるかがわかります。
というか、まあ詭弁論理学を読んでるから当然なのですが。

この本は今から約30年前に出版されていますが、論理の構造は変わりません。詭弁という論法も変わりません。
色褪せないものっていうのも存在するんだなぁ(良い意味でも悪い意味でも)
ちょっとした小ネタにも共感できたりして面白いです。
そういえば昔、こういう本をよく読みました。あと、ロジックパズルとか推理パズルとかそういうのもよくやりました。
論理学だと思ってなかったけどあれは結果的には論理を鍛えることになってたんですね。

久しぶりにやりたくなったので買ってきます。

追記:
やっぱりなかった。
パズル 推理ファンっていう雑誌なんですけど、たぶんあんまり見かけないから買ってないんだろうな、自分。
推理ロジックとか論理パズルとかが多くて他の雑誌と一線を画してたのですがナンクロとかナンプレとかスケルトンとかイラストロジックの方が人気だよね、そうだよね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
01 2020/02 03
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
(09/07)
(08/12)
(06/15)
(06/15)
(06/11)
(06/11)
(05/24)
(05/24)
(05/24)
(05/23)
カウンター
アクセス解析
Copyright © azure blue All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]