忍者ブログ
日常に潜む疑似科学的なことをメインに食指の動く方にのらりくらりと書いていく雑記です。
[107]  [105]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

mayoeruhituzijpさんは私の知る限り3つのIDを利用してサイエンスカテで創造論を堂々と繰り広げています。
彼の中では十分にサイエンスなのだろうけど、私(や他の人)から見たら十分にオカルトでできればオカルトカテでやってもらいたいと感じるのですが、まあ彼的にサイエンスだろうから無理なんでしょうね。
私の知る限り3~4人の積極的な創造論者がおり、それぞれがそれぞれの質問に回答し合う形で創造論がBAになることも少なくないです。
サイエンスカテ(特に宇宙)ではオカルト回答が跋扈しています。
知恵袋で宇宙関連の質問をなさる際は物理カテをおすすめします。

生命科学がまだ満足に答えを用意できないから、進化論にはまだまだ不備があるから創造論やID論が正しいと言うのでしょうか。にしても突然変異やテロメアの知識が一通りありながらなぜ「染色体を守ることと遺伝子に変異が入ることは「矛盾しない」ということが理解できないのでしょうか。
両親から1本ずつ染色体をもらうことと、その過程の減数分裂で相同組換えが起こることの区別がついていません。もしかしたら乗換えが起こった結果、塩基配列が変わっても遺伝子型として、表現型として変異が起こらないことがあることを理解していないんじゃないかしら。そういう少しずつの変異の蓄積が突然変異につながってるんですが。どう考えても一世代で突然変異種が登場しないから、しえないから進化論はだめだと言っているように見えます。
じゃあID論はどうなのよ、と。
創造論者はID論で進化論の一部をカバーし、超越的な創造者(=神)がいることを認めさせたいのかもしれませんが、創造論を混ぜることは科学のベースとしては非常に好ましくないと思います。
進化論は確かに神の存在を必要としませんが、神の存在を否定するものではありません。
神はいてもいなくてもいいということがそんなに気に入らないのかなぁ。

私は彼らほど進化論・ID論・創造論について語れないのですが、その理論の一部(テロメアに端を発する突然変異の解釈)が間違っていることを知っています。
そして彼のテロメア説が間違いであることは最低でも10人以上に突っ込まれています。
それでも彼は理解しようとしません。
指摘しても何も吸収してくれない人を相手にする人はいません。専門家になればなおさらではないでしょうか。ネットでブログを書いている専門家は良い意味で異端なのだと思います。
それでも第三者が見ているところでは誰かが指摘をしなければいけません。
だって彼らの書きっぷりは自信満々だから。きっと信じてしまう人が出るでしょう。
私は大学で学会で講演会でその他ネット上でもいろいろな先生のお話を聴いてきましたが、まだ未解明の領域に対してあそこまで自信満々に断定するような先生に出会ったことがありません。
そのようなある種の明確さやわかりやすさは何も知らない人から見ると魅力的でしょうね。
ただ、明確でないから、わかりにくいからという理由で遠ざけられてしまうのだけは避けたいですよね。
そこを今一生懸命試行錯誤しています。


というか書きたいことはソレではないのです。
彼はいくつものIDを使っていますが、それを使い始めたのはたぶん私の影響なのです。
私自身は自分に対して制約をつけて副IDを利用していましたが、そんなの関係ありませんよね。彼の今のスタイルは過去にオカルトカテで猛威を奮っていた否定派たちの書き方と非常によく似ています。
もうそれだけで自己嫌悪です。
ダブルパンチですよ。
私はあんな書き方をしていない、他人の意見を聞かなかったわけじゃないと言い訳をしてみても第三者から見れば同じことです。

副IDの乱用についてはそのうちきっちりと釘を刺さなきゃいけないんですが、自分はしてたのに他人にだけ文句をつけるの?と言われて拒否されることを心配しています。
彼がここ一年変な動きをしているのも(ヲチスレに名前を見つけたときはびっくりした)彼に変な知恵をつけてしまった私が良くないんだと思います。彼らはある意味もったいないのです。あんなに知識があるのにそれらがつながっていないからまったく意味を成していません。自分の知識は全部つながっているんだ、すごく使えるんだなんて言う気はさらさらありません。むしろいつも知識不足で悔しい思いをしているので。しかし少なくとも彼らよりは要領を得た、分子生物学的には一般的な回答ができていると思っています。
それは自惚れではなくて(少し入ってるけど)、自分が回答をする以上に他者の回答を見て確認し、知らないことを学び、また確認しているからです。
彼にも、そしてすべての人にそれをしてほしいと思うことは私のエゴなのでしょうね。
それでもそうなったら今の状況がどれだけ改善されるのかを考えずにはいられません。

オカルトカテでの双方向型回答(議論する人がいないからという理由もあるけれど)はほぼ封印しています。
それは自分の主張だけではなく、自分の回答の仕方を客観的に考えるようになったからです。
中身がちゃんとしていれば読んでもらえる、そう思っていた時期がありました。
しかし外見が大事であることを嫌というほど教えてもらったのがオカルトカテです。
中身がどんなに間違っていても外見が良ければ(穏やかである、質問者に肯定的である)受け入れられる、それがオカルトカテです(ちょっとオーバーな言い方をしています)
私の知恵袋デビューはエンタメカテですが、常駐カテはサイエンスカテでした。
サイエンスのように正しければそれでいい、と思っていたんですね(今はもうサイエンスな雰囲気が薄れてますけど)。
今は半分ぐらいの回答で外面を良くする努力をしています…半分?

こうやって試行錯誤しながら、かいた恥をかき捨てることができずに律儀に拾い集めながら少しずつ成長していくのでしょう……と信じたい。
とりあえずmayoeruhituzijpさんに関しては近いうちに釘を刺す(今日の回答は文字数制限ぎりぎりでした・汗)……………………予定です。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
01 2020/02 03
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
(09/07)
(08/12)
(06/15)
(06/15)
(06/11)
(06/11)
(05/24)
(05/24)
(05/24)
(05/23)
カウンター
アクセス解析
Copyright © azure blue All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]