忍者ブログ
日常に潜む疑似科学的なことをメインに食指の動く方にのらりくらりと書いていく雑記です。
[116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [108]  [107]  [105]  [103
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あれだ。質問取り消し多すぎます。
帰ってきたときに消えてる可能性があるので取り急ぎ。


傷んだ髪は治りません。
なのでバッサリ切ってしまうか、トリートメントで保湿成分を補いこれ以上傷まないようにするか、です。


これから気をつけることとして、
・食事
・髪へのダメージの軽
・頭皮を清潔に保つ
ことです。
http://health.goo.ne.jp/column/woman/w002/0022.html
食事バランスが悪いと髪を作る栄養が偏り健全に髪が生えてきません。
髪へのダメージで最も大きいのは絡んだ髪を無理やり櫛で梳かすような物理的な刺激(摩擦)と、パーマや脱色などの化学的な刺激(アルカリによるダメージ)です。
それに比べたらシャンプーやトリートメントなんて大したことはありません。
頭皮には毛根があり、毛穴が詰まっていると髪の生育が悪くなります。
ダメージを与えないように洗浄力の弱いシャンプーに変えた結果毛穴が詰まってしまっては意味がありませんので、自分に合ったシャンプーを使ってください。



髪が傷んだので何か治す方法はありませんか?というような質問…だったような。
いつも通り合成界面活性剤は良くないとする回答があったので、界面活性剤による傷みなんて物理的刺激と化学的刺激に比べたら比べるべくもないという趣旨の回答をしました。
また、合成界面活性剤はどうやら石鹸よりも脱脂力が強いらしいので強いことが必ずしも悪くないということを書きました。実際は石鹸の脱脂力はかなりのもので、マイルドさを追求している最近のシャンプーは洗浄力では劣るでしょう。

しかし石鹸に変えれば具合の悪かったすべてのことが改善されるという「信仰」はどうしたらいいんでしょうね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
(09/07)
(08/12)
(06/15)
(06/15)
(06/11)
(06/11)
(05/24)
(05/24)
(05/24)
(05/23)
カウンター
アクセス解析
Copyright © azure blue All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]